前田デザイン室・公式note

前田デザイン室は、元・任天堂デザイナー前田高志と共に“デザインの楽しさ”を追求するクリエイター集団です。仕事とは違う筋肉を使ってクリエイティブをすることで、デザインの楽しさを再認識できる場所です。https://camp-fire.jp/projects/view/66627

前田デザイン室・公式note

前田デザイン室は、元・任天堂デザイナー前田高志と共に“デザインの楽しさ”を追求するクリエイター集団です。仕事とは違う筋肉を使ってクリエイティブをすることで、デザインの楽しさを再認識できる場所です。https://camp-fire.jp/projects/view/66627

    マガジン

    • 週刊前田デザイン室NEWS

      前田デザイン室の出来事を週刊でお届けします。 毎週金曜日21時配信です。

    • 【マエボン2】制作の裏側

      オンラインサロン「前田デザイン室」が制作した雑誌『マエボン2』。時間・場所・スキルが異なるメンバーたちでどのようにして作られたのか!? 様々な役割で分かれていた制作過程を、クリエイター各メンバーの目線から、語ります!

    • ぬけだ荘

      現状からぬけだしたい前田デザイン室メンバーの、ぬけだし過程を公開します。

    ストア

    • 商品の画像

      勝てるデザイン 初版(オリジナルフォント付)

      F1フェラーリ車体掲載のロゴ制作など第一線で活躍しながら、「ナスの形をした本」「モザイク柄のパンツ」といった、おもしろおかしいプロジェクトを行う人気クリエイティブ集団「前田デザイン室」を率いる、元・任天堂デザイナー 前田高志の初めての書籍です。「Illustrator時短術」「おすすめフォント3選」などデザイナー必見の技術はもちろん、「ダサいデザインはなぜ生まれるのか? 」「プレゼンはラブレター」などデザインを武器にしたいビジネスマン必読の内容が詰まっています。NASU Storeでは初版を販売。商用利用可能なオリジナルフォントが付いてきます。前田高志のサイン入りです。※ レターパックでの郵送になります。送料は370円です。
      ¥1,870
      NASU store
    • 商品の画像

      【NASU STORE限定販売】鬼フィードバックはちまき

      前田高志がひたすらフィードバックする書籍『鬼フィードバック』 の表紙に描かれている『鬼フィーはちまき』の単品販売です。装備するとデザインのダメ出し耐性+5になるとか。…ならないとか。購入する際、備考欄に「デザインで達成したいこと」をご記入ください。前田が精魂込めて、達成するためのアドバイスをはちまきに書き込みます。書籍とのセット販売よりも少しおトクな¥850です。この鉢巻が、デザインを頑張る皆さんのお役に立てることを願ってます。※ こちらはNASU STORE限定販売です。在庫がなくなり次第販売終了になります。※ クリックポストでの郵送になります。送料は198円です。※ こちらの商品には書籍『鬼フィードバック』は付きません。
      ¥850
      NASU store

    週刊前田デザイン室NEWS

    前田デザイン室の出来事を週刊でお届けします。 毎週金曜日21時配信です。

    すべて見る

    食欲の秋、アートの秋。前デの真骨頂「仕事では使わない筋肉を使うプロジェクト」をみんなで味わおう!

    みなさんこんばんは! 9月最後の「前田デザイン室 週刊NEWS」のお時間です。今週は運営チームの三浦が執筆を担当します! 連休明けということで、無理せずぼちぼち活動していこうかなーと思っていたのですが、今週の前田デザイン室はいつにもましてボリューミー。 濃いイベントが盛りだくさんのスペシャルウィークでした。 主なイベントはこんな感じになっています。 今週も、ツイートがあったものを中心にいっしょに見ていきましょう! 9月24日 (土) 9月定例会(ゲスト:イラストレーター

    スキ
    14

    デザインは楽しい、秋は前デで遊ぼう!

    こんばんは。前田デザイン室のコミュニティマネージャー浜田です。 (お手製シルクスクリーン印刷Tシャツを着てご満悦な浜田) 最近、朝晩が涼しく秋の気配を感じていますが、日中は暑い。何を着ればいいのか、コーディネート迷子になっています。今週も駆け足ではありますが、前田デザイン室の1週間を振り返ってみます。 今週の振り返り初体験がたくさんの岐阜合宿 GIF5開催。 今週のハイライトはなんと言っても合宿です。今や前田デザイン室の名物とも言えるGIF(前デでは「ギフ」と読む)合

    スキ
    12

    ついにルーキーメンバー合流!!

    こんばんは!残暑の暑さに驚いている間にもう9月も半ばですね。 ついに昨日からルーキーメンバーさんたちが本体グループへ参加し始めてくれています!!みんなどこからチェックしてくれてるんだろう?!きっとVIEWを見てくれていたから覗いてみたいページがたくさんあったんじゃないかなぁと思ったりしてます。 そして明日はGIF5!きっとこの時間にもパッキングに追われている人がいるんじゃないかな?(私も旅行の時はギリギリ派!笑) ではでは今週も振り返ってみましょう♪ 「アホゲーもくもく」

    スキ
    7

    楽しみ方は前メンの数だけあるよ〜!!!

    みなさま、今週も前田デザイン室週刊NEWSを読んでいただきありがとうございます! 今週は先日からいよいよ40代最後の年に突入した、運営チームのいちろーがお送りします! 9月も始まり新メンバーをルーキーFacebookグループへ招待し、自己紹介やバディグループでのやりとりなど、前デってこういう感じだよ〜と体験してもらってます。アトリエで先輩メンバーとお話ししていると、やっぱり新メンバーのことは気になる様子ですので、合流までもう少しお待ちください! あと、今すごく部カツが動い

    スキ
    10

    【マエボン2】制作の裏側

    オンラインサロン「前田デザイン室」が制作した雑誌『マエボン2』。時間・場所・スキルが異なるメンバーたちでどのようにして作られたのか!? 様々な役割で分かれていた制作過程を、クリエイター各メンバーの目線から、語ります!

    すべて見る

    【マエボン2/制作の裏側第12回】人生初のオンラインサロンは童心でおっぱいだった!!

    オンラインサロン「前田デザイン室」で制作されたマエボン2。 このnoteはその制作に関わったサロンメンバーたちの活動の記録を前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開しています。 こんにちは!小澤 良祐と申します。 実は僕にとって「前田デザイン室」は人生で初めて参加したオンラインサロン。そして、初めてプロジェクトに関わったのが「失敗はおっぱいだ!」というコンセプトを掲げたマエボン2の制作でした。 ただ、僕はプロジェクトのリーダーを担ったり、コーナーの企画や

    スキ
    11

    【マエボン2/制作の裏側第11回 みずかみ】アートディレクションむっず〜〜

    グラフィックデザイナーを生業にしてご飯を食べているみずかみです。 前田デザイン室のプロジェクト、失敗はおっぱいだ!をテーマにした雑誌『マエボン2』で今回アートディレクターを担当させていただきました。 この雑誌のアートディレクターは3人。 青木かなえさんと古波蔵まりなさんと私。お二人とは前田デザイン室内にあるデザインスクール スイスイでも一緒にコーチを務めています。 いや〜〜〜〜〜〜もうほんと、3人でよかったです。終わってから思いますが、それくらい制作は大変でした。。 担

    スキ
    13

    【マエボン2/制作の裏側第10回 大久保忠尚】 『水曜どうでしょう』の二人から教わった「失敗」との向き合い方

    このnoteは、オンラインサロン・前田デザイン室で制作した雑誌『マエボン2』の制作の振り返り・裏話を、リレー形式で投稿しているものになります。 最後にリンクを付けているので、気になる方は是非ほかのメンバーの振り返りも読んでみてください。 こんにちは。大久保忠尚です。 マエボン2では、主にライターとして ◆『水曜どうでしょう』藤村さん、嬉野さんインタビュー ◆「得勝(エルカツ)」ページ ◆「失敗したくなる本・オシ本」ページ のライティング、およびページ全体の編集・リーダーを

    スキ
    21

    【マエボン2/制作の裏側第9回 山岸あゆみ】あゆみが褒めるよ!絶賛するよ!マエボン2の仲間たち part1

    前デの活動ではいつもヒヨっていて、「あぁ‥やりたい‥でも時間が‥あぁ‥やりたかった‥」となりがちなあゆみですが、今回は!!!頑張りました!!!細かいものを省略すると、おなら大丈夫イス、おっぱい星人虚構新聞、前田デザイン室案内、桃太郎漫画リレー。4つの企画に関わることができました。初めてプロジェクトにフルコミットできたと感じています。殻を破れて嬉しいです! さて。けっこう多くの企画に関われたので、「これやった!これもやった!見て!!」と言いたいところなのですが、一番嬉しいのは

    スキ
    13

    ぬけだ荘

    現状からぬけだしたい前田デザイン室メンバーの、ぬけだし過程を公開します。

    すべて見る

    バーチャルでも、「家らしさ」にこだわった理由

    オンラインコミュニティ・前田デザイン室(通称:前デ)では、現状に悩みや不満を持つメンバーがそれぞれのモヤモヤから「ぬけだす」ことを目的とした社会実験的プロジェクトを行っています。 プロジェクト名は「ぬけだ荘」。 モヤモヤを抱えたメンバーがバーチャルアパートメント「ぬけだ荘」の仮想住民となり、互いの現状や取り組みを曝け出しながら、一歩一歩、「ぬけだし(=目的達成)」に近づいていく。そのプロセスをドキュメンタリーに追う企画です。 今日は、前回に続き「ぬけだ荘プロジェクト歴史

    スキ
    9

    1年8ヶ月の集大成!?NUKEDONE(ヌケダン)お披露目会レポート!

    こんにちは。前田デザイン室35期ライター枠のくまです。 2021年11月13日(土)、前田デザイン室の「ぬけだ荘」プロジェクトの集大成イベント、【迷宮脱出アドベンチャー NUKEDONE(ヌケダン)】完成お披露目会がCAMPFIRE様渋谷オフィスにて開催されました。 イベントレポートの前編では、NUKEDONE・ぬけだ荘についての説明、NUKEDONEの体験会について紹介しました。 >前編はこちら 後編は、制作メンバーの座談会の一部をご紹介します。 登壇者プロフィー

    スキ
    18

    あなたのもやもやを救う!?NUKEDONE(ヌケダン)お披露目会レポート!

    こんにちは。前田デザイン室35期ライター枠のくまです。 2021年11月13日(土)、前田デザイン室の「ぬけだ荘」プロジェクトの集大成イベント、【迷宮脱出アドベンチャー NUKEDONE(ヌケダン)】完成お披露目会がCAMPFIRE様渋谷オフィスにて開催されました。 2020年2月からはじまった前田デザイン室の「ぬけだ荘」プロジェクト。このたびついにプロジェクトが幕を閉じ、このイベントでのお披露目となりました。 ぬけだ荘やNUKEDONEについてお伝えすべく、 今回は、【

    スキ
    17

    自分を変えたいから”環境”を変えた。「いま」を楽しむWebマーケター

    オンラインコミュニティ・前田デザイン室(通称:前デ)では、現状に悩みや不満を持つメンバーがそれぞれのモヤモヤから「ぬけだす」ことを目的とした社会実験的プロジェクトを行なっていました。(〜2022/10/31) プロジェクト名は「ぬけだ荘」。 モヤモヤを抱えたメンバーがバーチャルアパートメント「ぬけだ荘」の仮想住人となり、互いの現状や取り組みを曝け出しながら、一歩一歩、着実に「ぬけだし(=目的達成)」に近づいていく。そのプロセスをドキュメンタリーに追う、社会実験プロジェクト

    スキ
    18

    【NASU本】制作の裏側

    オンラインサロンの出版というまったく新しい挑戦をつづける前田デザイン室。『NASU本』はどのようにしてつくられたのか!? 前田デザイン室で制作をすすめてきた、『NASU本 前田高志のデザイン』の制作過程を、クリエイター個々人の目線から、語ります!

    すべて見る

    【制作過程公開】『NASU本 前田高志のデザイン』制作者たちの裏側 第25回(1) 浜田綾

    オンラインサロン「前田デザイン室」で日夜制作が進められてきた『NASU本 前田高志のデザイン』、通称「NASU本(ナスボン)」。このnoteは、その制作に携わったクリエイターたちの活動の記録を、前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開する連載企画です! これまでのマガジンはこちらから読むことができます。 第25回は、14期クリエイターの浜田綾がお届けします。 (意図的にいい写真を選んでいます。) 私は『NASU本 前田高志のデザイン』でライターと編集

    スキ
    13

    『NASU本 前田高志のデザイン』制作の裏側 第24回 山岸あゆみ

    オンラインサロン「前田デザイン室」で日夜制作が進められてきた『NASU本 前田高志のデザイン』、通称「NASU本(ナスボン)」。このnoteは、その制作に携わったクリエイターたちの活動の記録を、前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開する連載企画です! 第24回は、8期クリエイターのあゆみがお送りいたします! ( 1周年定例会のグラレコのときの写真。お絵かき野郎です ) わたしが担当したのは、「発送演出」です。封筒・送付状のデザインや、備品の発注、総合

    スキ
    12

    【制作過程公開】 『NASU本 前田高志のデザイン』制作の裏側 第21回 こはぐら まりな

    オンラインサロン「前田デザイン室」で日夜制作が進められてきた『NASU本 前田高志のデザイン』、通称「NASU本(ナスボン)」。このnoteは、その制作に携わったクリエイターたちの活動の記録を、前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開する連載企画です! みなさま、お初にお目にかかります! 第21回を担当いたします、こはぐらまりなです。 (実際もこんなとぼけた顔) 簡単な経歴としては、DTPオペレーターとして勤務後、現在はフリーランスのデザイナーとして主に

    スキ
    14

    【制作過程公開】 『NASU本 前田高志のデザイン』制作の裏側 第20回 池田恵子

    オンラインサロン「前田デザイン室」で日夜制作が進められてきた『NASU本 前田高志のデザイン』、通称「NASU本(ナスボン)」。このnoteは、その制作に携わったクリエイターたちの活動の記録を、前田デザイン室公式noteのマガジンに集約していく形で公開する連載企画です! はじめまして。 第20回は私、池田恵子(ケイ)がお送りします! (初めてのnote、ドキドキ。) 前田デザイン室には、2019年の3月から入室しました。 普段はフリーランスでデザイナーをしているのですが

    スキ
    8

    前田が行く

    若者よ、クリエイター戦国時代を生き残れ!元・任天堂デザイナー前田高志が語る「新時代を生きるデザイナーのための教科書」。前田の全国講演・トークイベントより抜粋。

    すべて見る

    「躊躇せずに人生を楽しむ」

    2017年の目標はデザイナーとして、デザイン業界でもっと名を馳せたいなと思っていた。デザインノートに掲載されるとかクリエイターファイルに掲載されるとか、とにかくメディアに載りたい。デザインの仕事を単価上げて、いろんなデザインがしたい。それが「デザイナーのもっと活動の幅を広げたかったんだなと後から気がついた。それが楽しい。「躊躇しないキャンペーン」は臆病で慎重な僕にピッタリのアクションだった。この2年で楽しいことしかやらなくなった。それができるようになったのはすべてこのキャンペ

    スキ
    117
    有料
    500

    仕事に「童心」を活かす

    「おもしろくない仕事はない」は本当だ。仕事がつまらないのは自分のせいだ。最近、電車で見た樹木希林さんの書籍の広告に「楽しむのでなく面白がる」という言葉を見つけた。このトークイベントの時も「楽しむ」を連呼していたが、「面白がる」の方が前向きで行動を伴う言葉。落語を聞きに行く時も「面白がる」というらしい。自分からなんでも面白がる工夫をできる人が強い。この記事はいわば前田流仕事術。 ぼくは、つまらない仕事は無いと思ってる。どんな仕事も、おもしろく変えることができる。任天堂時代から

    スキ
    49
    有料
    500

    デザインがうまくなる方法

     鹿児島で開催されたトークイベント。デザインに興味がある人が多いということでこの際ぶっちゃけてしまおうと思ってこの話をしようと考えた。ぶっちゃけグラフィックデザインは「文字」。これを美しく正しく扱えるだけでグラフィックデザイナーとして食べていける。ただ、そこで満足してはいけない。「文字」に頼りすぎてはいけない。デザインの本質はそこにないからだ。この記事の反響はすごかった。タイトルに惹かれてのことだと思うが、それはそれでデザインへの意識が高い現れで一デザイナーとしてうれしくなっ

    スキ
    960
    有料
    500

    「俺みたいになるな」~41歳デザイナー、やっと見つけた最強の生き方~

    僕のキャリアを振り返った。15年勤めた任天堂をやめてフリーランスに。そして漫画家に。思えばほんとに遠回りして来た。ようやく自分を出し切れるようになって来た。自分は本当に流されやすい人間。流れるプールに流れていた。流れながらそれを面白がって来たからこそ流れていることに気がつきにくかった。反省点でもあるし、自分の強みでもある。人間の弱みは強みなのだ。これからも自分に正直に120%の自分を貫いて生きたい。 ぼくは今、41歳だ。ようやく、自分の理想の生き方ができるようになった。臆病

    スキ
    234
    有料
    500