マエデ(前田デザイン室)・公式note

マエデは、元・任天堂デザイナー前田高志と共に“デザインの楽しさ”を追求するクリエイター…

マエデ(前田デザイン室)・公式note

マエデは、元・任天堂デザイナー前田高志と共に“デザインの楽しさ”を追求するクリエイター集団です。仕事とは違う筋肉を使ってクリエイティブをすることで、デザインの楽しさを再認識できる場所です。https://camp-fire.jp/projects/view/66627

マガジン

ストア

  • 商品の画像

    【限定30セット】勝てるデザイン 出版 3周年記念セット

    【特典情報】・アイスしおり(実寸大)勝てるデザインが販売された当初特典としてついてきた「アイスしおり」を復刻します。当時は予算の都合上一回り小さいサイズでしたが、今回は某アイスとほぼ変わらない実寸大サイズです。必ず当たるアイスの棒風のしおりで、このしおりと書籍を持って前田高志にデザインを見せると一度だけフィードバックがもらえる特典があります。・前田高志が本書を振り返る動画勝てるデザインが販売されてから、3年。著者・前田高志が3年越しに勝てるデザインの内容を赤裸々に振り返ります。ノーカット1時間を予定しています。【書籍情報】F1フェラーリ車体掲載のロゴ制作など第一線で活躍しながら、「ナスの形をした本」「モザイク柄のパンツ」といった、おもしろおかしいプロジェクトを行う人気クリエイティブ集団「前田デザイン室」を率いる、元・任天堂デザイナー 前田高志の初めての書籍です。「Illustrator時短術」「おすすめフォント3選」などデザイナー必見の技術はもちろん、「ダサいデザインはなぜ生まれるのか? 」「プレゼンはラブレター」などデザインを武器にしたいビジネスマン必読の内容が詰まっています。NASU Storeでは初版を販売。商用利用可能なオリジナルフォントが付いてきます。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━注意事項━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※ ご購入はお一人様1つまでとさせてください。※ 配送方法はクリックポストになります。※ 発送は3月25日(月)より順次お送りさせていただきます。※ 他の商品との同時購入をした場合、発送方法やお届け納期が異なる場合がありますので予めご了承ください。
    ¥1,870
    NASU store
  • 商品の画像

    【直筆サイン入り】鬼フィードバック

    【 著者・前田高志が直筆でサインをします!】チャレンジャーのデザイン案に対し、前田高志がそのデザインに欠けている要素や視点をひたすらフィードバックすることで、デザインが磨き上げられていく過程が描かれた一冊です。デザインにとって何が一番大切か、その思考を現場目線で体感できる至高のドキュメント。ぜひあなたもチャレンジャーのデザイン案を見ながら、自分ならどのようなフィードバックを行うか考えてみてください。また、著者の前田が「購入いただいた日付、購入者様のお名前」をいれてサインを書きます。●発送について・配送方法はクリックポストになります・住所不備による返送や、長期不在などで配送した商品が当社に戻ってきた場合には、着払いでの再送のご対応をさせていただきます。●お届けまでの日数について・ご入金が確認できてから3営業日以内に発送いたします。●他の商品との同時購入について・発送方法、お届け納期が異なる場合がありますので予めご了承ください
    ¥2,200
    NASU store

前田が行く

若者よ、クリエイター戦国時代を生き残れ!元・任天堂デザイナー前田高志が語る「新時代を生きるデザイナーのための教科書」。前田の全国講演・トークイベントより抜粋。

くわしく見る

「躊躇せずに人生を楽しむ」

ぼくは何事も楽しく生きることを大事にしていて、楽しくない仕事はないのがモットー。でも楽しむためには、自分が楽しいと思う何かに出会うこと。そのために大事なのが「躊躇しない」というキーワード。 今日は、この「躊躇しない」ことについてぼくがやってきたこと全ての話をする。 躊躇しないキャンペーンとは? 「躊躇しないキャンペーン」 これは僕が考えた名前なんだけど、この言葉を僕が意識し始めたのは、2017年の7月くらいかな。 今までも仕事は順調だった。でも、いまいち広がりがないな

スキ
125

仕事に「童心」を活かす

ぼくは、つまらない仕事は無いと思ってる。どんな仕事も、おもしろく変えることができる。任天堂時代からずっとそうやってデザインしてきた。 キーワードは「童心」。 仕事をもつ大人にこそ「童心」が必要なんだ。今日は、仕事に「童心」を活かすとはどういうことか、ぼくの経験を交えながら話をする。 「童心」とは「楽しむ力」のこと 「童心」という言葉だけ聞くと「昔を懐かしむ心」という意味にとられがちだけど、そうじゃない。ぼくの使う「童心」とは、子どもの頃のように、無邪気でとにかく何かに夢

スキ
50

デザインがうまくなる方法

自分のデザインの軸を持つ デザインがうまくなる方法の結論は「どれだけ考えて、どれだけデザインしたか」。 ぼくは20代のころ、デザインが全然できなかった。大学生のころは、課題を作品として作ることはできた。でも仕事になった途端、全然できなくなった。僕は任天堂でデザインをしてたので、前田のデザインというよりは、任天堂のデザインを求められた。先輩からはずっと「微妙だな」と言われるだけで、具体的な指示が来ないから自分でデザインの軸を見つけていくしかなかった。 任天堂は物作りが好

スキ
966

「俺みたいになるな」~41歳デザイナー、やっと見つけた最強の生き方~

ぼくは今、41歳だ。ようやく、自分の理想の生き方ができるようになった。臆病で慎重なぼくだから、ずいぶんと時間がかかったよ。オンラインサロン「前田デザイン室」はみるみるうちに有名になって、今はずっと夢だった漫画家への一歩を踏み出した。言っておくけど、ぼくはインフルエンサーじゃない。ごく普通の一般人。今日は、こんなぼくが、どういう風に働いて、選択して、今にたどり着いたのか。やっと見つけた最強の生き方について、話そうと思う。 任天堂で身に付けた「働き方」 ぼくは、新卒で任天堂と

スキ
237

週刊前田デザイン室NEWS

前田デザイン室の出来事を週刊でお届けします。 毎週金曜日21時配信です。

くわしく見る

ついに面談スタート!

おはようございます! 新年度が始まりましたね。新年度って会社でも行事とか挨拶とか多いイメージなんだけど、マエデも今週は書きたいことが渋滞するくらいたくさんあってどこから書いたらいいのか。ということで早速紹介していくよ! 4ヶ月に1度の新メンバー募集が始まりました! 新年度になったら新しいこと始めたくなりませんか?! 5月からはマエボン4が始動する予定です。ぜひ雑誌作りに興味ある方、すぐに 手を動かしたい方、何か作りたくてうずうずしている方、お待ちしています!! そして面

スキ
6

メインツールお引越し中!

こんばんは! 今週はタイトルにしたくなるくらい大きな出来事があったよ。 なんとメインに使っていたコミュニケーションツールがFBからdiscordへ! マエデ6周年目にして初めての大きなお引越しじゃないかな?(違ったらごめん) そんな大きなお引越しのおかげで、より見やすくなったり書き込みが活発になっている場所もあるので、後ほどそれも紹介するね。それでは振り返ろう! まずはアトリエイベントのピックアップ! コミュマネ作戦会議 マエデがメンバーにとって楽しい場所になるよう、

スキ
7

今週は心地よいゆるさが漂ってたよ〜

こんばんは! 今週のマエデは比較的のんびりした時間が漂っていたように思うので、それを紹介したい。マエデってプロジェクトしてる時はガンガンMTGして、すっごくストイックな場面もあるんだけど、のんびりしてる時は自由にゆるっと集まれるんだよね。その両面があるのがすごくいいなと思う。 それでは振り返ろう! 宇宙の話で眠れない夜を過ごす会 ミッチーがめちゃくちゃ気になるタイトルで興味深い会を開いてくれました。 本から得た知識をたくさん披露してくれたんだけど、宇宙クイズが面白かった

スキ
7

今週のマエデは笑いと感動につつまれてた話

おはようございます! 色々あって…私は朝にNEWSを投稿するのは初めてです。おはようが新鮮! 今週は最近少しずつ日が長くなってきて喜んでいるまきがお送りします。 定例会が行われました! 今月は大阪天満橋のNASUパークにて、デザインの大喜利グランプリ「ワライン」 + tataちゃんによる創作紙芝居が行われたよ。 いつもと違う趣向を凝らした定例会はミッチーとこがくんが連日打ち合わせを重ね、企画してくれたものだったの。デザインの大喜利なんてマエデらしさ全開でとてもいいよね。事

スキ
12

ぬけだ荘

現状からぬけだしたい前田デザイン室メンバーの、ぬけだし過程を公開します。

くわしく見る

バーチャルでも、「家らしさ」にこだわった理由

オンラインコミュニティ・前田デザイン室(通称:前デ)では、現状に悩みや不満を持つメンバーがそれぞれのモヤモヤから「ぬけだす」ことを目的とした社会実験的プロジェクトを行っています。 プロジェクト名は「ぬけだ荘」。 モヤモヤを抱えたメンバーがバーチャルアパートメント「ぬけだ荘」の仮想住民となり、互いの現状や取り組みを曝け出しながら、一歩一歩、「ぬけだし(=目的達成)」に近づいていく。そのプロセスをドキュメンタリーに追う企画です。 今日は、前回に続き「ぬけだ荘プロジェクト歴史

スキ
9

1年8ヶ月の集大成!?NUKEDONE(ヌケダン)お披露目会レポート!

こんにちは。前田デザイン室35期ライター枠のくまです。 2021年11月13日(土)、前田デザイン室の「ぬけだ荘」プロジェクトの集大成イベント、【迷宮脱出アドベンチャー NUKEDONE(ヌケダン)】完成お披露目会がCAMPFIRE様渋谷オフィスにて開催されました。 イベントレポートの前編では、NUKEDONE・ぬけだ荘についての説明、NUKEDONEの体験会について紹介しました。 >前編はこちら 後編は、制作メンバーの座談会の一部をご紹介します。 登壇者プロフィー

スキ
18

あなたのもやもやを救う!?NUKEDONE(ヌケダン)お披露目会レポート!

こんにちは。前田デザイン室35期ライター枠のくまです。 2021年11月13日(土)、前田デザイン室の「ぬけだ荘」プロジェクトの集大成イベント、【迷宮脱出アドベンチャー NUKEDONE(ヌケダン)】完成お披露目会がCAMPFIRE様渋谷オフィスにて開催されました。 2020年2月からはじまった前田デザイン室の「ぬけだ荘」プロジェクト。このたびついにプロジェクトが幕を閉じ、このイベントでのお披露目となりました。 ぬけだ荘やNUKEDONEについてお伝えすべく、 今回は、【

スキ
17

自分を変えたいから”環境”を変えた。「いま」を楽しむWebマーケター

オンラインコミュニティ・前田デザイン室(通称:前デ)では、現状に悩みや不満を持つメンバーがそれぞれのモヤモヤから「ぬけだす」ことを目的とした社会実験的プロジェクトを行なっていました。(〜2022/10/31) プロジェクト名は「ぬけだ荘」。 モヤモヤを抱えたメンバーがバーチャルアパートメント「ぬけだ荘」の仮想住人となり、互いの現状や取り組みを曝け出しながら、一歩一歩、着実に「ぬけだし(=目的達成)」に近づいていく。そのプロセスをドキュメンタリーに追う、社会実験プロジェクト

スキ
18

イベントレポート

定例会レポートなどのイベントレポートをまとめています。

くわしく見る

「漫画はひとりで描くものじゃねぇ!」漫画家あんじゅ先生×デザイナー前田高志 オンラインサロンオーナー対談

2024年1月14日、マエデ(前田デザイン室)1月定例会が大阪で開催されました。 ゲストは漫画家であり、オンラインサロン「あんマンサロン(あんじゅ先生マンガ家サロン)」のオーナーであるあんじゅ先生です! 今回のイベントでは、同じくオンラインサロンのオーナーである「マエデ」の前田高志室長と「それでも、オンラインサロンを続ける理由」をテーマに対談いただきました。 漫画『バクマン』を読んで前田高志 室長(以下、前田) 今日のゲストはあんじゅ先生です! 会場 (伯手) 前田

スキ
72

「ゲームのワクワク感を、Tシャツを経てよみがえらせたい」エディットモード代表 江南匡晃さん

2023年5月27日、大阪で前田デザイン室の定例会が開催されました。 ゲストは株式会社エディットモード代表の江南匡晃さんです。 エディットモードさんが展開する「THE KING OF GAMES(ザ キング オブ ゲームズ)」は主に任天堂製ビデオゲームをモチーフにデザインを行う、日本初の任天堂公認アパレルブランドです。 そして、今年6月20日で21周年!おめでとうございます!! 長年に渡りゲームファンから愛されるブランドを育て続けてきた江南さん。その原点と秘訣を探るべく

スキ
8

『スター・ウォーズ』の衝撃が自分のスタイルを作った。今村孝矢さんのクリエイティブの源泉

前田デザイン室では毎月ゲストをお迎えし、室長の前田高志さんと対談していただいております。 2023年1月21日、大阪にて定例会が開催されました! ゲストは大学教授で元任天堂ゲームクリエイターの今村孝矢さんです。 今村さんのご経歴 「(任天堂時代は)やっぱりデザインの仕事が多かったね」と語る今村さん。 スーパーファミコンソフトの『F-ZERO』(1990年発売)から始まり、『ゼルダの伝説』、『スターフォックス』など著名なタイトルのアートディレクションなどをご担当されまし

スキ
31

出版もカフェ経営も「けっきょく、デザインりょく。」 寺本恵里さん × 前田高志さん

2022年11月19日、大阪で前田デザイン室11月定例会が開催されました。 ゲストはingectar-e(有限会社インジェクターイーユナイテッド)代表の寺本恵里さん。 寺本さんと前田さんは同い年(対談時、お二人とも45歳)ということもあり、意気投合されているご様子。前田さんのジョークなども交えつつ、和やかな雰囲気の中、対談は始まりました。 デザインのこと、出版のこと、カフェのこと、経営のこと、そして人生のこと。話題は多岐にわたりましたが、それぞれについて深く、そして分かり

スキ
35

ピマズン解体新書

ラクガキでアートをもっと自由で身近に! 前田デザイン室(マエデ)発祥のラクガキアートプロジェクト「ピマズン」の全てを曝け出す解体新書マガジンです。メンバーたちが不定期に思いの丈を綴ります。 デザイナーさんもクリエイターさんも、みんな必読です。

くわしく見る

クラファンがピンチ!

突然だけど、ピンチです。 グラフィックデザイナーのサニー(なつこ)です。 私が所属するコミュニティ「マエデ(前田デザイン室)」では様々なプロジェクトが動いていますが、その中で私が主に参加しているのがラクガキアートプロジェクト「ピマズン」。 ラクガキをデザインの力でアートにしてアートブック作ろうぜ!!! なんて面白そうなテーマに惹かれ、足を突っ込みはや1年。 いろいろあったあれやこれやそれ。書きたいことは山程ある。 ですがそんなことより、とにかく!クラファンがピンチです。

スキ
19

ピマズンを振り返って-非デザイナーからの場合-

皆様、こんばんは、私うえしんと申します。 自身はデザイナー、ではなく、普通の会社員です👨🏻‍💻 電機系メーカーで働き、時に理系の知識を使ったり使わなかったり、、😅 実は大学時代にやっていたことをもう一度やってみたいと思うようになり、現在前田デザイン室 (前デ) 🏠というところで活動をさせていただいております。 そんな自身、現在「ピマズン」プロジェクトというものに参加しております。 自分も昔一冊のノートにラクガキを様々書いておりました、何かのゲームのマップや、細々としたパーツ

スキ
14

ズンドコピマズン#3「そういえばアートブックの中身の説明してたっけ?」

はじめにこれは、ラクガキアートプロジェクトピマズンの裏話である。 もしかしたら時系列に記憶違いがあるかもしれないし、だいぶ真面目にふざけて書いているので、いちピマズンメンバーのドタバタ半フィクションと思ってくれたら嬉しい。 真面目なピマズン日記とセットで執筆をしていたのだが、前田デザイン室のピマズン解体新書というメルマガに登録することになったのでズンドコピマズンが隠れられなくなった。 個人アカウントだから好きにやらせてもらうぜ! みんな!ついてこいよ!! ラクガキアートプ

スキ
15

ピマズン。

ピマズン。 タイトルからこれだけ聞くと「???」ものですが、 ピマズンとは「ラクガキをアートに」するというアートへの敷居を低く、もっと身近にしようというプロジェクトです。 実はこのプロジェクトが今、自分の力を新たな世界、ステージに導いてくれているといっても過言ではありません……。 多趣味で何となく色々なことに手を出していた筆者。「自分のデザインの力を試したい!伸ばしたい!」と思い切ってあるオンラインコミュニティに飛び込んでみました。 それが「マエデ」という前田高志さん

スキ
13