見出し画像

「俺みたいになるな」~41歳デザイナー、やっと見つけた最強の生き方~

僕のキャリアを振り返った。15年勤めた任天堂をやめてフリーランスに。そして漫画家に。思えばほんとに遠回りして来た。ようやく自分を出し切れるようになって来た。自分は本当に流されやすい人間。流れるプールに流れていた。流れながらそれを面白がって来たからこそ流れていることに気がつきにくかった。反省点でもあるし、自分の強みでもある。人間の弱みは強みなのだ。これからも自分に正直に120%の自分を貫いて生きたい。

画像1


ぼくは今、41歳だ。ようやく、自分の理想の生き方ができるようになった。臆病で慎重なぼくだから、ずいぶんと時間がかかったよ。オンラインサロン「前田デザイン室」はみるみるうちに有名になって、今はずっと夢だった漫画家への一歩を踏み出した。言っておくけど、ぼくはインフルエンサーじゃない。ごく普通の一般人。今日は、こんなぼくが、どういう風に働いて、選択して、今にたどり着いたのか。やっと見つけた最強の生き方について、話そうと思う。



任天堂で身に付けた「働き方」

ぼくは、新卒で任天堂という会社に入った。配属されたのは、企画部。いわゆるプロモーション部隊。CMを起点に、グラフィックや店頭の宣伝物を展開するところ。その中のデザインチームにいたんだ。 

任天堂で働くには「人のせいにしない」ことがまず大前提。人のせいにしてるとね、何も進まないの。例えば「説明が伝わらなかった」「案が通らなかった」と思っても、それは多分、伝え方が悪くて。デザインが通らなかったのは、デザインが良くなかったわけで。そこで最初は苦労した。

人は変えることができないから「自分を変えよう」「仕事をおもしろくしよう」と思ったんだ。ぼく、もともと口下手だから、説明で企画を通すということが苦手だった。だから、デザインの力でガンガン提案したよ。頼まれる前にデザインを作って見せてしまって、上の人達に納得してもらう。そうすればあとはOKみたいな状態を作るという風に。

仕事をおもしろくしようとすると、プラスアルファの労力がかかる。でもね、なんとなくやってたら本当につまんないものになっちゃうから。

30歳を目前にした焦り、デザイナーとしての価値

30歳を目の前に、ぼくはかなり焦っていた。毎日不安だったよ。ぼくは任天堂にいて、その環境や仕事しか知らなかったから。会社に入って今までがんばってきたことで、どれだけ前に進めたのか。自分がデザイナーとしてどのレベルにいるのか。それを、確かめたいと思った。デザイン会社で勝負した方が、デザインを極められるんじゃないかとも。

ごく自然に、転職のことも考えた。

28歳の冬。応募したのはgood design company。業界で有名なクリエイティブデェレクターの水野学さんが代表を務めているデザイン会社で、書類を送ったら「面接に来てください」とメールが届いた。

そこで、わりとほめられたんだよね。ひとこと目から「すごく良いと思っています」と言われて。「メーカーに、こんなデザイン上手い人いたら嫌だな」とか。家族に反対されていて、転職を迷っていることも正直に話したら「家族を説得してください」とまで最後に言われて。正直、受かった気でいた。「どうしよう、これ。会社辞めんのかぁ」と真剣に考えたりして。それで結果のメールを見たら「不採用です」って(笑)。がくーんってなった。

それでも、業界の第一線で活躍する人にほめられたことで、ものすごく救われた。ぼくがやってきたことは間違いじゃなかったんだ。


それから2年間。平穏に過ごしていたんだけど、30歳になったぼくはまた悩んで、デザインの仕事に誇りが持てなくなっていた。焦りからセミナーや本で知識を吸収しまくっていたとき「捨てられない印刷物を目標にしている」というGRAPH代表・北川一成さんのインタビュー記事に感銘を受けて、講演を聴きに行った。

そこで作ったもの見てもらったときに「本物になりたかったら東京に来い」と言ってもらえて。後日、雑誌でGRAPHの求人広告を見つけて面接に行ったんだけど、面接官の人に「あなたは、この業界のことをよく分かっていらっしゃらない」と言われちゃって。それでもうだめで、ああこれ挫折したって。

そこで思ったのは、自分で自分の環境を作らないと、ダメなんだってこと。
今の環境を超えるには、もう自分で作るしかないと思った。

ぼくはそれまで、どこかで環境のせいにしたり、人任せにしすぎていたんだ。でもそれからは、仕事をおもしろくするのは、自分次第だと気付いて。環境のせいにしないでやろうと決めた。

父の認知症と、ぼくに残された20年


それからちょっと悶々とする時期が続いた。仕事は楽しんでやってたけれど「うーん、これで良いのかな」みたいな。ゴルフとか始めたりして。心を燃やすものを、デザインから違うところに移そうとしたんだよ。「デザインよりおもしろいもの、見つけたわ」ってゴルフの練習に週4で行ったりして。


40歳が、迫っていた。

そんな中、父の認知症が進行。何でも口に入れるようになってしまった。痔の薬を間違って食べちゃって、救急車を呼んだこともある。すごく暴力的になって大変だったって。その一件をぼくは、仕事から帰って知ったんだ。京都でゲームの広告を作っていたぼくに、妻は気を遣って連絡してこなかったらしい。僕は無力さと悔しさで、複雑な気持ちになった。ゲームの広告作ってる場合じゃないんじゃないかって。

それで、人生をもう1回冷静に考えようと思ったんだ。

実はぼくの父のお母さんも、お兄さんも認知症。認知症って遺伝することが多いらしいから、ぼくもきっと認知症になる。その時ぼくは35歳。60歳で発症すると考えると、ぼくの人生はあと20年くらいしかない


もう、ちょっとしかないんだ。


ぼくは、フリーランスになる決意をした。

もともとフリーランスでデザインしたいという気持ちはあったけど、立場上とても言い出せなかった。踏ん切りがついたのは、父の一件があったから。父にはそういう面で感謝してる。父は、ぼくが大学受験に失敗した時も「四浪五浪でもしたらいい」と励ましてくれた。幼いころ絵が好きになるきっかけをくれたのも、父だった。


ぼくのターニングポイントにはいつも、父がいた。

---------------------------------------

前田高志が見つけた「最強の生き方」の具体的な話をお読みいただけます。

✔情報発信や、デザイナーとしてのスタンス
✔デザイナーとしてずっと食べて行けると確信したタイミング

気になる!という方は、
お読み頂けると嬉しいです!

---------------------------------------


100%まえだたかし、すべてをさらけ出す

ぼくは、ある若者に大きな影響を受けている、タロログという会社の社長をしている、タロウくんだ。ブログやアフィリエイトをやっている子で、最初会った時、彼は24歳。本当に何でもさらけ出す子で。裸を出したりおバカなこともやっちゃうんだけど、知識も全部出す。アフィリエイトはこうとか、ブログの作り方はこうとか。そのスタイルがすごく新鮮で。



実はタロウくんとは、会社を辞める前からの付き合い。実はぼく、アフィリエイトを習ってたんだよ。慎重派だから。もしデザインの仕事が全く来なかったら、デザインが関係ないところでも稼げるかどうかを会社員のうちに実験したくて。タロウくんのスタイルを見ていて、出せば出すほど良いんだっていうことが分かったんだ。

そんなこともあって、フリーランスになった1年目からブログでロゴの解説をやりだした。ロゴはこういう風に作って、こういう考えでって。すると、ロゴの仕事がバンバン来るようになった。

でも、ロゴが変わったところでお客さんは変わらないんだよね。本当はそのロゴをもとに、色んなものが変わっていくのが理想なんだけど。だから、2年目からは写真をやりだした。服装も、表情も、ポーズもぼくが決めて。全部をアートディレクション、ブランディングするということをやった。ロゴを作ったところで、写真の方が強いから。もちろん、解説も全部出してね。そうやって、フリーランスとしての働き方が何となく分かったなって言うのが2年目。

やがて、セミナーを開けばお客さんがつくようになった。それで「ああ、もう絶対食っていける」って思ったんだ。もし何かあっても、こういう情報発信とセミナーさえしていたら、食いっぱぐれることはないって。

大切なのは、100%の自分をすべてさらけ出すということ。さらけ出すとね、底が見えなくなるんだよ。「この人、何でも知ってるんじゃないの?」と思われる。そこに気付いたんだよね。

躊躇しない。レベルは、異常。

こうして、仕事は一通り上手く行くようになった。次のステップとして考えたのは、今まで手をつけてない所をやること。もしかしてそこでブレイクするかもしれないから、とにかくやる。躊躇しないと決めたんだ

そして、幻冬舎の編集者・箕輪厚介が運営する箕輪編集室というオンラインサロンに入ることになる。

オンライサロンは、毎月会費が発生する。つまり、お金を払ってデザインするんだ。実のところ、最初は1プロジェクトやって満足して辞めてるんだよね。


でもその後、サロン以外の仕事として箕輪さんのホームページを作ることになった。その時の打ち合わせがすごく気持ちよくて。「あ、この人良いな」と思ったんだ。オーダーの仕方も、すごいワクワクして。それで、箕輪編集室に舞い戻った。そこから、とにかくデザインした。箕輪編集室のデザインは全部やろうと思って。異常なレベルで手を動かした。

画像2

(写真:前田高志が箕輪編集室で手掛けたデザインたち)


箕輪編集室に入って1年が経った今年の5月。ぼくはデザインリーダーとして、NewsPicksBook1周年の販促物を作らせてもらった。


本屋さんで見たことある人いるかな?これをきっかけに、色んな人がぼくのことを知ってくれるようになったんだよ。編集者・佐渡島さんとのつながりも、これがきっかけ。

お金もらってこれをやっても、実はあんまり嬉しくなかっただろうね。お金をもらわずに、この箕輪厚介という人と「絆」を作る。それが、ぼくにとってはお金よりも価値があることなんだ。

納品主義からアップデート主義へ

箕輪編集室で革命的だったのが、アップデート主義という考え方。それまでぼくのデザイナー生活は、納品主義だったから。100点満点のものを納品しておしまい、というように。

ましてやツイッターに流すのは、完成したモノじゃないといけないと思っていた。でも箕輪さんの場合「これどうですか?」と聞いた途端、気付いたらそのデザインをツイッターに上げていたりするんだ。

制作過程を見せるとね、周りを巻き込めるんだよ。共犯になれる。いびつで不完全なものを、磨き上げていく感覚を共有する。前田デザイン室で作った雑誌「マエボン」も、アップデート主義で作ってるんだ。作り上げるまでのストーリーも含めて、マエボン。すると、読者との間で強い絆が生まれるんだよ。

こういう考え方、すごくステキだと思わない?


100%+覚悟=120%

画像3


マエボンて、企画で1ヶ月、制作1ヶ月なんだ。100ページやるという覚悟だけは、最初に決めた。これって異常だよね。でも覚悟を決めると、そこに追いつこうとするから、120%の力が出せるんだ

さっき100%をさらけ出すと言ったけど、それプラス覚悟を決めることで、ちょっとだけ自分のハードルを上げる。


ちょっと無理して120%くらいの自分になれた時、信頼は伝播する



そうして箕輪さんから僕に対する信頼が、佐渡島さんに伝播して、竹村さんにも伝播して。そういうことだと思う。1人の人に信頼されると、こんなに広がるんだよね。特に箕輪さんみたいな、力のある、色んな人とつながっている人は。

▼編集者・竹村さんのロゴ制作秘話はこちら▼
「WOEDSのロゴができるまで。」

前田デザイン室、始動

ぼくには、デザイナーとしてずっと悶々としていたことがあった。仕事の傍ら「こんなことやったら面白いんじゃないかな」とよく考えたりして。でも、結局やらない。仕事が終わると「もうなんか疲れた」とか言って、スプラトゥーンやって寝ちゃって。フリーランスになってから、年間200時間くらいスプラトゥーンやったんじゃないかな。そんな時間あったら、もっと何か作れたんじゃないのって思うんだけど、やっぱりやんない。


ぼく怠け者だから、1人じゃできないんだよ。そんな「クリエイターストレス」を解消したいと思って作ったのが、前田デザイン室。

仕事は仕事で楽しいよ。でも、幼稚園のころ画用紙に適当にワーッと塗るだけでも楽しかった、あんな感じでも良いじゃないっていう発想で。


笑っちゃうようなものを、たくさん作った。

人のせいにしない。自分の道を切り拓け。

もし、君が今もやもやを抱えて生きているなら、こう伝えたい。人のせいにしないで、自分の道を切り拓こう。そのためには自分を知る。そして、自分に正直になる。つい嘘ついちゃうんだよね。本当にやりたいことって、もしそれを否定されたらものすごく傷つくのが分かってるから。

ぼくは、幼い時から漫画家になることが夢だった。でも、漫画を描いていること自体を人に言えなくて。親が来たらノートをぱっと隠したりして。

本当に大切な想いだからこそ、言えなかった。それをうじうじ言い出したのがこの半年。コルクラボという佐渡島さんのコミュニティに漫画家さんがいるんだけど、「いやぁ、ぼくも本当は描きたかったんですよ」と言っていた、その周囲からも応援されるようになって。

決断したのは、そんな中参加したNewsPicks主催で佐渡島さんが講師の「編集ブートキャンプ」。ご飯食べている時に、佐渡島さんに「前田さん、漫画描きましょうよ。僕が編集しますから」と言ってもらえて。そんな熱いこと言われたら、もうやるでしょ(笑)。

画像4

写真:まえだたかしnote「デザイナーあらため、41歳の新人漫画家・まえだたかしです。」


まとめ

クリエイターとして生きるための最強の心得

人のせいにしないこと。人は変えることができない。自分が変わり、仕事を面白くする工夫をしよう。

100%の自分をさらけ出そう。君が試行錯誤している姿、もっている知識、感じたこと。全てを発信して、君という人間を知ってもらおう。

覚悟を決めて、100%の自分に20%を加えよう。120%で動き続けることで、信頼が溜まる。その信頼が伝播したとき、君は圧倒的なスピードで次のステージに飛んでいける。

手紙

画像5

みなさまへ

実は、今回のテーマはとても難しかったです。
バッキーさんからのお題「ぼくが見つけた働き方」に、正直戸惑いました。

いつも「こうやって働こう」というのは意識してなかったから。
みなさんもそうじゃないですか?

でも、振り返ってみて、無意識ではいろんなことを感じ、いろんなことを考えてきたんだなと改めて理解しました。そして「働き方」の言語化は意義があると思いました。

任天堂、フリーランス、オンラインサロン。それぞれ環境が違う中、「働き方」をアップデートしてきました。そしてたどり着いたのが、

120%の自分でいること

これからぼくは漫画家としてやっていきますが、漫画の世界は厳しいのは間違いありません。でもこの「働き方」で頑張っていけそうな気がしています。これから数年後、僕は漫画のヒット作を産み出します。そのヒントになりました。


ありがとうございます。楽しみにしていてください。


▼前回の記事は、コチラ▼
デザインが絶対うまくなる方法

テキスト:かもゆうこ中村ミキ砂糖塩
構成・編集:谷下由佳
写真:だん薫
バナーデザイン:田中優里
アドバイス:前田高志浜田綾
編集長:谷下由佳

続きをみるには

残り 0字
【期間限定・全記事無料公開中! 4月22日(月)18時まで】 通常1本500円の記事が8本、今なら無料でご覧いただけます!(マガジンを購入すると、2,000円がかかってしまいますのでご注意ください)

前田が行く

2,000円

若者よ、クリエイター戦国時代を生き残れ!元・任天堂デザイナー前田高志が語る「新時代を生きるデザイナーのための教科書」。前田の全国講演・トー…

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?