情熱高志バナー10_190130

「情熱高志」第9号 ー 過ぎ去りし日を思い返して ー

このマガジンは、デザイナーから漫画家に転じた「まえだたかし」が記す、前田デザイン室限定コンテンツ「たかしの世界」に加筆修正し、再編集した密着ドキュメンタリーレポート…で・し・た・が、
「たかしの世界」の更新が少し延びたため、今回は趣旨を変えて、第1号〜第8号までを振り返る総集編になっています。



漫画家への夢を求めて


今日こそ、漫画を描くぞ!

強く心に決める。


相棒のiPad Proからアプリを起動して、Apple Pencilで画面に描く。
それが、ぼくのスタイル。

でも、ここのところデザイン仕事に追われて、描きたくても描けていない。
そんな日々が、ずっと続いている。

実に、悩ましい限りだ。

この悩み、思い返せば、あの日から続いていて、なかなか解消できていないことに気づく。


あの日とは、そう…


*****



ぼくは漫画家になる

ずっと胸に秘めていたことを、言葉にした。
勇気をふりしぼった、あの日のことだ。

ぼくの突然の宣言に、周りの人は、どう思ったのだろうか。
やっぱり、びっくりしたのかな…

いろいろ心配かけたのかもしれない。

ごめん。


でも、ぼくは決めた。
佐渡島さんが、言葉をかけてくれたから。

前田さん、漫画描きましょう。僕が編集しますよ。


心が震えた。
ぼくなんかでも、描いていいんだ、って。

心の底から嬉しかった。
勇気とやる気が、みなぎってきた。


***


クリエイターエージェンシー「コルク」を率いる佐渡島庸平さんは、著名な編集者。
「ドラゴン桜」や「宇宙兄弟」など、多くのヒット作を手がけ、今、もっとも活躍している編集者の一人と言える。


その佐渡島さんが、秘密のFacebookグループをつくった。


しかも、なぜか、ぼくもそこに招かれた。


せっかく佐渡島さんが誘ってくれたのだから、もちろん断る理由はない。
でも入ってみると、びっくりした。


そのグループ「ヒット作を生み出すぞ!」には、名前を聞いたことがある漫画家さんが、ゴロゴロいた。


ここは、現代のトキワ荘なのかもしれない。


新進気鋭の漫画家たちが、切磋琢磨して、ヒット作を目指す。
そんなイメージがある。


そう思ったら、たちまち不安がこみ上げてくる。
ぼくはまだ、漫画を描いたことがないんだ。
なのに、彼らの中に入れられて。
大丈夫なのだろうか…。

でも、やるしかない。


***


「ヒット作を生み出すぞ!」グループに入ったら間もなく、佐渡島さんから指示をもらった。
それは、グループページのバナーを描くこと。

佐渡島さんは、優しい。
いきなり漫画ではなく、デザイン力を生かせて、手のつけやすいバナーから描かせてくれたのだから。


さっそく第一案のラフを描いてみた。

佐渡島さんからは、「いい感じ!」って言ってもらったけど、第二案も出す。
一つだけなら、佐渡島さんが判断しづらいと思うから。



そして、第二案も描いた。


佐渡島さんは、「こっちもいいね!」って言ってくれた。
佐渡島さんは多くを語らないけど、ぼくは第一案の方がよかったように感じる。


でも、こうやって描いてみたものの、自分の絵を描くことに、まだスッと気持ちが入らない。
人に自分の絵、いや自分の妄想を見せるのに、抵抗があるから。

自分の裸を見せるより、恥ずかしいかもしれない。
それぐらいのためらいがある。


***


佐渡島さんが主宰するコミュニティ「コルクラボ」のイベント「コルクラボ文化祭」で、トークショーに参加することになった。
デザイナーでなく漫画家として、現役バリバリの漫画家さんの中に混じる。

しかも「先生」とか呼ばれて。
正直、違和感しかない。


でも佐渡島さんは、こんなぼくの気持ちを察したのか、すぐに声をかけてくれた。



佐渡島さんは、優秀な編集者だから、こうやってモチベーションや行動まで編集してくれる。
それにメンタル面まで気にかけてくれて、優しい。

この気持ちに応えないわけには、いかない。
だから、とにかく描かねばと無我夢中で描いてみた。

これが初めての作品。
CAMPFIREコミュフェスに行ってきた!

夜中に、4時間以上もかけて描いた。
細かく描いているわけじゃないのに、こんなに時間がかかってしまった。
しかも、恥ずかしい。


この作品をすぐにツイートしようとしたけど、一瞬ためらいがあった。
でも、自分に課す「躊躇しないキャンペーン」を思い出して、振り切ることができた。
こんなときは、ついつい、ためらいがちな、ぼくだからこそ、自分に負けてはいけない。


Twitterが大好きで、つぶやくのも読むのも好きなのに、この時だけは、しばらく見たいと思わなかった。


なぜ、こんなに恥ずかしいのだろうか。
人からの評価を、恐れているからだろうか。


漫画を描き始めたばかりで、下手とかそんな話ができるレベルでもない。
突き詰めて考えてみたくもなる。

だけど、今、そんなことに時間をかけている場合じゃない。
だから、やめた。


佐渡島さんは、この作品を見て、どう思ったのだろうか。



描くことを、当たり前にしよう

そんなメッセージが込められているように感じた。

自分の一挙手一投足にとらわれず、とにかく描いて出せ、と。

そして、
描きたいことはなんだったの? 描きたいコマから描いてみよう!
とアドバイスももらった。


なるほど。
まったく考えていなかった。

ぼくは、とにかく漫画を完成させる使命感だけにとらわれ、描きたいこと、描きたいコマへのこだわりは薄かった。



***



いよいよ「コルク文化祭」の日がきた。

このイベントには、前田デザイン室も参加する。
ここでの大きな目的は、この夏につくったマエボンを販売して、一人でも多くの方に読んでもらうこと。

前田デザイン室とメンバーのことを、少しでも知ってもらいたい。
そして、オンラインサロン発の雑誌という、単にもの珍しさだけじゃなくて、童心をテーマに掲げ、ブレずにつくったことも伝えることができれば、なお嬉しい。



そんな思いもあって、このマエボンの購入特典に、ぼくの書き下ろし漫画を入れることにした。

それがこの作品「サディマイラブ」。
あの夏の朝のことを思い出しながら、描いた。


この作品を、佐渡島さんに読んでもらおうと直接、手渡した。
でも、あまりに恥ずかしかったので、佐渡島さんが読んでる途中、いろいろ話しかけてしまった。


このコルクラボ文化祭では、佐渡島さんだけでなく、多くの漫画家の先輩方にお会いした。

先輩方からは、漫画を描く上でのいろんなアドバイスをもらった。
特に、カメラワーク(演出)、コマ割りの工夫、プロットの重要性、模写のやりかたなど、かなり勉強になった。


さっそく実践していって、少しでも上達したい。
そして、いつか、この場にいたみんなに、自分の成長した姿を見せたい。


こんな経験ができたのも、佐渡島さんと会って、マエボンを作ったことが発端だった。
なんとも不思議な縁を感じる。

経験がなくても、躊躇なく動いてよかった。
いっしょに楽しめる、頑張れる仲間がいてくれて、本当によかった。




***




デザインに花束を


漫画家として動き出したぼくだけど、デザイナーとして、やり残したことがある。

その一つに、会いたい人がいる。
それは、デザイナーの水野 学さん。


水野さんはデザインプロダクション「good design company」を率いて、くまモンの企画デザインや中川 政七商店のリブランディングなど、多くの著名な仕事を手がけている。
ぼくはその高いクオリティとデザインディレクションに惹かれ、水野さんといっしょに仕事がしたいと思った。

ちょうど、ぼくの年齢が30代に入ろうとする頃で、この先の自分の生き方にいろいろと思いを巡らせていた。

そして一念発起して、「good design company」の入社試験を受けてみた。

だが、残念ながら縁をつなげることができなかった。


今思えば、いろんな意味で若かった。
デザイナーとしてというより、ひとりの人間として経験と力が足りなかったのかもしれない。

でも、そのおかげでいい経験をさせてもらったと、今なら思える。



あれから、10数年がたった今年。
水野さんと会う機会をつかんだ。

しかも、自分がデザイナーとして一区切りつけようとしている、このタイミングで。
縁をつなげることができないと諦めたあの日、まさかこんな日が来るとは思いもよらなかった。


期待と不安がよぎる中、水野さんの書籍の記念イベントで、久々にお会いした。



正直、かなり緊張した。
もし、編集者の竹村さんが声をかけてくれなかったら、自分からお声がけすることはできなかったかもしれない。

久々にお会いしたというのに、水野さんは、ほんとに優しかった。


このことをツイートすると、佐渡島さんが、声をかけてくれた。


この出会いを、漫画に描きたくなった。
そして、描いたのがこの作品。
憧れの人


この作品に対しても、佐渡島さんはアドバイスをくれた。

人の名前って、読者には結構、負担となる情報だから、大切じゃない時は、無名にした方がいい。竹村さんも、『編集さん』の方が、多くの人には読みやすくなるよ。


漫画の読者は、絵を追いながら、文字で確認してストーリーを理解する。
そこに、キャラクターの名前などの文字情報が多くなると、読みにくくなる。
だから、省略できるところは省略して、ストーリーに入り込めるように工夫する、ということか。


漫画も読者目線という点で、デザインと同じなのに、そこにすぐ気づけなかった。
でも、感情を出し、感情の変化を意識することに気づけたので、この気づきを生かして、今後はもっともっとやっていかねば。


そして、やり残したことのもう一つ。
それは、デザイナーに区切りをつけて漫画家になると、はっきり口にして、人に伝えること

自分のnoteやSNSでは、すでに宣言して関係者に周知したものの、まだ公然には宣言していない。
だから、自分の生の言葉ではっきりと伝えたかった。
周りの人のためにも、自分のためにも。



そして、その機会は来た。
大阪心斎橋のスタンダードブックストアでのトークイベント。


デザイナー4.0」と振り切ったタイトルにした。
別に5.0でも10.0でも、何でもいい。
大切なのは、気概。


あれこれ考え心配して、躊躇するのでなく、恐れずに前を向き、進化してみせよう。
デザイナーとして18年分の総決算であり、この気持ちを若い頃の自分、今の若い人たちにも伝えたい。

そんな思いがあった。


デザインが決して嫌いになったわけじゃない。
でも、ここではっきり宣言して、一区切りつける。
そうすることで、心と体のベクトルを合わせることができる。

それぐらいの覚悟で向き合わないと、今から漫画家になるなんて、できるわけがない。





見守りし人たち


デザイナーに区切りをつけて、漫画家になることを決めたのは、紛れもないぼく自身だ。

でも、ぼくの決断が、ぼくだけで完結するわけではない。
周りのいろんな人たちにも影響を与えることは、初めからわかっていた。

実は、嫁から「デザインのほうが才能ある。 漫画で『おお!』って思ったことなんかない。」とグサリの一言をもらった。

嫁は昔からハッキリ言ってくれる。
でも、ぼくはこう言った。

デザインはどうだった? 大学の時におお!って思った? これからだから。

嫁が言いたいことは、十分過ぎるくらいわかってる。
家族は嫁だけじゃない、子供もまだ小さいし。
経済的なこととか、いろいろ心配してくれた上での言葉なのは、もちろんわかってる。

だからこそ、グサリと効いた。
ちょうど、気持ちが弱っていたせいもあって、かなり効いた。


実際、漫画を描き出してリアルにわかってきたのだけど、自分が登ろうとする山は、ものスゴくとんでもない山

頂上が、本当にあるのかもわからない。
奥に続く道もどうなってるか、さっぱりわからない。

だからこそ、グダグダ言っても始まらない。
とにかく、少しずつでも前に進むしかないんだ。


ぼくの決断が影響を与えたのは、家族だけじゃない
ぼくに仕事を依頼してくれる、クライアントさんにも与えてしまっている。


漫画家への転身宣言をした後も、以前からの続きでデザインの仕事は続けていた。
以前にも増して、おもしろい案件が飛び込んできたりもして、本当にありがたいこと。

でも、デザインの仕事をリセットしきれない自分に苛立ちも感じている。
あれだけ周りを騒がすような宣言をしておいて、まだ、デザインをやってる。
そんなコミットで、漫画家としてやっていけるのか?
漫画がダメでもデザインがあるとか、そんな甘えがあるんじゃないのか?


と自己批判したと思ったら、

アートディレクションとデザインは、編集や漫画を描くことに共通するところがあるので、無理に切り離す必要はないのじゃないか?
デザインが、やっぱり好きだ。


…とか、
いろんな思いが交錯して、頭を抱える。


やはり、このままじゃダメだ
デザインを封印する覚悟まで、気持ちをもっていかないと、ダメだ


ぼくはクライアントさんに向けて、宣言した。



きっぱり言い切った。

だが、この強い言葉は、クライアントさんを不安にさせてしまった。

ぼくの疑いのない本心ではあるけど、必要以上に不安にさせてしまうのは、本意じゃない。
ぼくの決意は伝えたいけど、長年お世話になったクライアントさんを無下にしたくない。


だから、デザインの仕事は、アートディレクション中心にシフトして、少しずつ仕事量を減らしていく。

そのために、スタッフの力も借りることにした。




ぼくの決断は、ぼく自身のことだ。

でも、そのことで影響を与える周りの人たちにも理解してもらった上で、前に進みたい。
これからもいろいろなことが、起こり得るのは間違いない。
その可能性もわかった上で、この先も考えていきたい。





そして漫画家へ…


カチャッ!!

不意に鳴ったその音で、
はっ、と我にかえる。

音が鳴った方向を見る。
さっきまで、デスクの上にあったApple Pencilが、床に転がっている。

続けて手元を見る。
ぼくはPCの画面を前にして、右手の傍らには、iPad Proが置いてあった。

どうやらデザインの仕事をしながら、しばらくの間、物思いにふけっていたらしい。
ついさっきまで、iPad Proに漫画を描こうとしていたはずなのに…

だが、画面には、何も描かれていない。


漫画を描きたい、という思いが強過ぎて、逆に手を止め、気がつけば思いにふけている。

デザインの仕事は、減らしているものの、まだ終わったわけではない。
漫画を描きたいけど、ひとまず仕事に戻らねば。
デザインの仕事を、きっちりやり遂げねば。

そして、思う存分、漫画を描いてやるんだ…



***




あの漫画家転身宣言から、2ヶ月しか経っていない。
だが、その間、あまりにいろんなことが起こり過ぎた。
特に、ぼくの中で、3人の編集者との出会いが、強烈過ぎた。

ぼくに、多くの手を動かすチャンスを与えてくれた、箕輪厚介さん。
ぼくがやってきたことをきっちり言語化して、自信を与えてくれた宇野常寛さん。
そして、漫画家という夢の道へ進むきっかけと、日々の導きをくれる佐渡島庸平さん

彼ら3人との触れ合いから、自分の人生を編集されている気がしてくる。


ぼくは今、41歳。
漫画家を志すには、明らかに遅い方だろう。

でも、クリエイティブを為すには、人が内面にもつ思いやイメージと、積み重ねてきた経験が、大きな力になる。
このことを、3人の編集者から学んで、信じることができるようになった。

だから、ぼくにしか描けない作品が、きっとあるはずだ。

必ずあると信じている。

だから、描くよ!



***



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
私たち「情熱高志」編集部は、これからも「漫画家 まえだたかし」に密着し、情熱をもって描く彼の姿を書き記していきます。
あなたも私たちとともに、彼のまんが道を見守っていきませんか?

「情熱高志」は毎週水曜日21時に配信します。
次回の配信は、2月13日を予定しています。お楽しみに!


テキスト・編集:浅生 秀明
バナーデザイン:土田 真巳
編集長:浅生 秀明

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

じゃみぃは、じゃすみんの香り🐱
6
元・任天堂デザイナー前田高志が率いるクリエイティブ集団、前田デザイン室の公式noteです。 「おもろ!たのし!いいな!」をモットーに、世の中に新しいクリエイティブを大量投下し続けます。 https://camp-fire.jp/projects/view/66627
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。