情熱高志02バナー_サブタイトルなし

「情熱高志」第2号 ー憧れの人と12年ぶりの再会。 だけど…ー

このマガジンは、デザイナーから漫画家に転じた「まえだたかし」が記す前田デザイン室限定コンテンツ「たかしの世界」に加筆修正し、再編集した密着ドキュメンタリーレポートです。


***


〈前回までの道のり〉
「ぼくは、漫画家になる。」
前田はデザイナーをやめ、30年以上閉じてきた心のフタを開ける決意をして、漫画家になった。コルク佐渡島庸平氏より漫画家育成のFACEBOOKグループに招かれ、仕事に追われつつも初作品を描き上げる。新人漫画家・まえだたかしが、その一歩を踏み出した…



***



2018年11月7日。
前田は、憧れのデザイナー・水野学氏と12年ぶりに再会した。


今から12年前。
前田が転職を考え面接に向かった先が、水野氏率いる「good design company」。

面接当日のことは、前田の胸に大きく刻まれ、自身のブログにも綴られている。


佐渡島氏からのコメントに喜ぶ前田。
心動いた出来事、描きたい気持ち、嬉しいコメント。
ペンを走らせるための材料は、これで十分。


しかし、時間が取れない……。

描きたい。

描かなければ、漫画家への道は進まないのに。



(「たかしの世界」より抜粋) 


時間の制約に加えて、まだ漫画を描き慣れていない。
そんな前田にとって、完成への道すじは、はるか遠くに感じたに違いない。


週末は、前田のトークイベントと重なったこともあり、2作目は、水野氏との再会から6日が過ぎてから描き上げた。


タイトルは「憧れの人」。

(「たかしの世界」より抜粋)


物語。
感情。
見せ方。
伝えたいこと。

漫画を描くために必要な要素たちが、頭の中で駆けめぐる。

何のために描こうとしているのか、その理由さえも、わからなくなるかもしれない。


この2作目を読んで佐渡島は、具体的なアドバイスをくれた。

(「たかしの世界」より抜粋)


この次はこう描けばいいんだ!、という光が見えるアドバイスは、前田の不安な気持ちを察してのことだろうか。


何はともあれ、2作目が形になった!
たかし、お疲れさま!!


さて、突然の漫画家宣言から2週間。
前田の家族は、彼のことをどう思っているだろうか…?


率直に伝えてくれるということも、家族の愛。
そう言えるのかもしれない。

しばしば落ち込むのも無理はない。

たかしの「まんが道」は、まだ始まったばかりなのだから。


今年、前田は講演に呼ばれる機会が、たくさんあった。
すべての講演で仕事も感情もさらけ出し、自らを素直に語ってきた。
漫画という手段で表現することに、今は不安も多いだろうが、さらけ出しが原稿用紙の上で本領発揮された時、きっと誰かの心に刺さる作品が生まれるに違いない。


負けるな、たかし!
頑張れ、たかし!
描いて描いて、描きまくれ!


***



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
私たち「情熱高志」編集部は、これからも「漫画家 まえだたかし」に密着し、情熱をもって描く彼の姿を書き記していきます。
あなたも私たちとともに、彼のまんが道を見守っていきませんか?

「情熱高志」は毎週水曜日21時に配信します。
次回の配信は、12月12日を予定しています。お楽しみに!


***


テキスト・編集:土田 真巳浅生 秀明
バナーデザイン:土田 真巳
編集長:浅生 秀明


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ジャキーン✨
16
元・任天堂デザイナー前田高志が率いるクリエイティブ集団、前田デザイン室の公式noteです。 「おもろ!たのし!いいな!」をモットーに、世の中に新しいクリエイティブを大量投下し続けます。 https://camp-fire.jp/projects/view/66627

こちらでもピックアップされています

情熱高志
情熱高志
  • 12本

新人漫画家「まえだたかし」が記す前田デザイン室限定コンテンツ「たかしの世界」を再編集した、密着ドキュメンタリーレポートです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。