前田が訊く_小蕎麻衣

きっかけは酔った勢い!何かが起きる気がして入った前田デザイン室

前田デザイン室の才能達を室長が掘り下げる「前田が訊く」企画。

第6弾は、フリーランスのWEBデザイナーとして活躍している“そばちゃん”こと小蕎麻衣(こそばまい)さんです。


きっかけ"酔った勢い”で!?

前田:前田デザイン室に入ったきっかけを教えてください。


小蕎:ツイッターで前田さんのツイートがよく流れてきてて。申し込むときに、「どうしよっかな、どうしよっかな」って思いながらお酒飲んでて。だから勢いもあります(笑)。

(小蕎さん、入会の日のツイート)



小蕎:具多的な理由だと、ここ数年アウトプット全然できていなかったりとか。昔はもうちょっとガツガツ新しいこと考えたいって思ってたんですけど、最近実務につながることばっかり勉強するようになってしまって。ちょっとつまんないなって思って。


前田:なるほど。

所属している業界の枠がないから楽しい

前田:実際に「前田デザイン室」に入って、どんな感じ?印象とか。


小蕎:結構、WEB業界にいて、色々な勉強会に行ったりとかセミナーに出たりとかしてるんです。


前田:なんかツイッターとかで難しそうなこと書いてはるなぁって印象ある。


小蕎:(笑)そういうの好きでよく行ったりしてたんですけど、そういうとこで会う人って、会話もWEBとか技術の話中心になるので。今の前田デザイン室は、あんまりどこ業界に属しているからっていう枠がないので楽しいなって思いますね。

前田:へー、いいこと聞いた。なるほどね。広がるもんね。

ワードプレスの組み込みができるWEBデザイナー

小蕎:今はフリーランスのWEBデザイナーで、WEB業界に入ってからは5年くらいですね。わりと一人でまるっと受ける仕事が多いので、デザインからワードプレスの組み込みとかもやってます。


前田:じゃ、オリジナルで作っていく感じ?


小蕎:そうですね。


前田:それができたら、いいよね。羨ましい。一人で、ひとつのサイトでデザインもコーディングも含めて作ると、1カ月くらいで作っちゃうの?もっと?


小蕎:規模がおっきいのとかは、5カ月くらい?


前田:おおー、すごい。


小蕎:他の仕事やりながらですけど。


屋号は「マルコ」

前田:そばちゃんの会社名というか、屋号って何?会社にしてるの?


小蕎:いや、法人にはしてないです。屋号はありますけど。


前田:そうなんや。屋号は何なん?気になる。


小蕎:屋号は「マルコ」です(笑)


前田:え?まるこ?(笑)


小蕎:まるこです(笑)長い名前は「マルコファブリカ」って名前なんですけど、略すると「マルコ」です(笑)


前田:どっから来たん?それ。


小蕎:結構単純なんですけど、父親に昔、屋号作りたいって話をした時に、父親が「じゃー、小蕎の"こ”と"マル、○”でいんじゃない?」って言ったので。でにそれだと他とかぶるので、工場という意味の“ファブリカ”を付けました(笑)


前田:へぇ、小蕎っていうのは自分の名前なんだ。結婚してから?


小蕎:旧姓ですね。


デザインから商品化まで携わることを増やしたい

前田:前田デザイン室で、「こういうことをやりたい」っていうのは今ありますか?


小蕎:結構ぼんやりとはしてるんですけど、デザインから商品化まで携わることをもっと増やしたいなと思ってますね。ちょっと一人じゃできないことって、いっぱいあるので。


前田:なるほど。ものになっていくのって、ね。将来的には月一でなんか出てるみたいな感じ。人数増えたら、そうなっていくんじゃないかなと思って。


小蕎:ものとかじゃなくても、もしかしたらゲームが出ちゃうかもしれないし、アプリが出るかもしれないしとか、そういった可能性はちょっと面白いなと思って感じてますね。


自分が本当にやりたいことを考えるのは大切

前田:そばちゃんは、個人としてどんな感じになっていきたいのかな?将来。目標とか夢とか。


小蕎:うーん…はっきりした目標が今なくって、知識がほしいなとか、人前で喋ったりできるくらい動きたいなって気持ちはあるんですけど、10年後どうしてるかな?って思った時に、あんまりその辺が見えないですね。

(7月にはイベント登壇も!)




前田:年齢聞いても大丈夫?


小蕎:今年、34です。


前田:バリバリやね。たぶん、仕事何でもこなせちゃう感じやんね。僕もそんぐらいんときは結構、ふらふら彷徨ってたから。すごい気持ちわかる。仕事一生懸命やってるし。あ、そん時はふらふらしてるとは思ってなかったけど、今思ったら。転職活動とかもしてたけど、あんまいい場所無くて。結局、落ち着いたのが31。そっから急激にゴルフにハマりだして(笑)


小蕎:へー(笑)


前田:たまたま行ったゴルフがめちゃめちゃ難しくて(笑)それが落ち着いたらオンラインゲームやりだして。ドラクエ10ていうね、落合陽一さんもやってるやつ。何かに一生懸命やってるんだけど、そん時はふらふらしてたなって、今から思ったら。本当に自分がやりたいことって、考えるのはすごくいいと思うよ。

キュンキュンしたい…!!

前田:好きなものって何?休みの日してることとか。


小蕎:本読んでるか、ゲームしてますね。恋愛シミュレーション系とか、めっちゃ好きです。


前田:恋愛が好きなの?


小蕎:なんなんだろ。その環境を体験したいんですかね。二次元に関してはイケメン好きですね(笑)可愛い女の子も好きです。


前田:キュンキュン、みたいな感じ?


小蕎:キュンキュンしたいんだと思います、きっと(笑)


世の中にインパクトを与えたい

前田:じゃあ恋愛シミュレーションでなんか作ればいいじゃない。WEBサービスで。

小蕎:いくつか口コミ投稿したら、あなたの好きなタイプはこのゲームおすすめですよみたいな出たらいいなってとこまでは考えています。


前田:前田デザイン室のイケメンを使ったプロダクト作りたい(笑)


小蕎:(笑)。ようやく興味あることに対しては動いているので、もうちょっと芯を作って絞っていきたいなって感じです。


前田:そばちゃんがどうなりたいか?だね。僕はサービスが作りたいって感じがしたけど。


小蕎:作りたいですね、サービス。プロダクトの方もいろいろ考えるようにできたらなって、ここ最近思ってます。


前田:形にはこだわらずに、世の中にインパクトを与えたいってことかもしれないね。


小蕎:たしかに、インパクトがあるものを世の中に出したいっていうのは根底にあるんだと思います。


前田:だから前田デザイン室に入ったんだ。酔っぱらいながら(笑)


小蕎:(笑)。何か起きたり、何かできるかなって今も思ってます!


対談が行われたのは3月。
その後、小蕎さんは前田デザイン室「VIEW」プロジェクトのリーダーとして、メンバーサイトを構築してくれました。
今後も大注目のWEBデザイナーさんです。



■小蕎麻衣さん

twitter:https://twitter.com/marcofabrika

***

聞き手・カバー画像デザイン:前田高志

テキスト・編集:相馬明日香

編集長:浜田綾


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハッピーループ⭕️
8
元・任天堂デザイナー前田高志が率いるクリエイティブ集団、前田デザイン室の公式noteです。 「おもろ!たのし!いいな!」をモットーに、世の中に新しいクリエイティブを大量投下し続けます。 https://camp-fire.jp/projects/view/66627

こちらでもピックアップされています

前田が訊く
前田が訊く
  • 10本

前田デザイン室のメンバーと前田の対談コンテンツです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。