見出し画像

プロダクトには、縁を繋ぐ力があるから。じゃみぃ立体化プロジェクトのクラファン挑戦の理由とは。


じゃみぃ立体化プロジェクトのクラウドファンディング、本日最終日です!


前田デザイン室のマスコットキャラクター、じゃみぃの着ぐるみを作りたい!そんな思いで始まったプロジェクト。メンバーで議論をした結果、「クラウドファンディングで資金を調達しよう!」という結論になりました。

そのクラウドファンディングに挑戦することになった経緯を、クラウドファンディング最終日のnoteとして、お伝えしたいと思います。


プロダクトを作る=資金が必要、をどうするか

着ぐるみを作ることが決まると同時に、議論が進められたのが、「着ぐるみの資金をどうするか」。

初めは、polcaでメンバーや近しい人に支援をお願いしようか、という話で進んでいました。私たちがじゃみぃが好きで、じゃみぃを着ぐるみにしたいから、polcaにしよう。うんうん、そうしよう。

そんな流れにいきかけたところへ、前田さんの一言が投稿されました。

「クラウドファンディングにしよう」


前回のnoteにも書いたように、じゃみぃは前田デザイン室スタート時点から、我々を楽しませてくれ、一緒に遊んできた大事なマスコットキャラクターであり、前田デザイン室の一員です。

我々はじゃみぃの可愛さも分かっているし、愛着もひとしおです。そんなじゃみぃが着ぐるみになったら…!メンバーには、楽しい未来が十分に想像できました。

しかし、外部へのアピールをそこまでしてきたわけではなく、認知度が低いことも分かってました。そんな状態で「クラウドファンディングやりまーす!」と言っても、支援などいただけるのだろうか…。


外部への発信は、縁を繋ぐ行為

初めは少しの不安がありながらも、「クラウドファンディングに挑戦するぞ!」と旗を立て、支援をいただくためにはどうしたらいいか、メンバーは試行錯誤をし、手探りで準備をしていきました。

その過程で、気づいたのです。
今までも、前田デザイン室はプロダクトを作って外へ発信し、それによって縁を作ってきたことを。


UN_CHAのガチャガチャで、前田デザイン室を知ってくれたメンバーがいます。


まだ中身も決まってない状態での『マエボン』の広告募集も、クラウドファンディングに挑戦しました。


前田デザイン室の「おもろ!たのし!いいな!」の理念は、いつもプロダクトに反映され、そのフィルターを通して作られたプロダクトには、縁を繋ぐ力がある。

それを知っているから、じゃみぃ立体化プロジェクトも、「内輪ノリ」ではなく、「プロダクト」として皆さんにお披露目したかったのです。


じゃみぃの着ぐるみを作りたい理由が、前田さんの口から語られています。


じゃみぃは、クリエイターに福を招く「クリエイター招き猫」になります!「前田デザイン室を応援する猫」から、「全クリエイターを応援する猫」になるための挑戦です。デザインのイベントに出向いて、クリエイターを応援したい!

あと数時間で終了します。よろしくお願いします!


***

テキスト:akane
バナー:六楽内富美
イラスト:六楽内富美ツチダマミ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

はずれ(あたりもあるんだよ)
15

前田デザイン室・公式

元・任天堂デザイナー前田高志が率いるクリエイティブ集団、前田デザイン室の公式noteです。 「おもろ!たのし!いいな!」をモットーに、世の中に新しいクリエイティブを大量投下し続けます。 https://camp-fire.jp/projects/view/66627

じゃみぃ立体化プロジェクト

前田デザイン室のマスコットキャラクターじゃみぃを立体化して、クリエイターたちを応援・盛り上げたい!!と立ち上がったプロジェクト。着ぐるみやぬいぐるみが出来上がっていく様子や立体化に携わるじゃみぃれでぃの声をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。