【キービジュアルがついに決定!】 DESIG-WIN MAGAZINE Chapter.01
見出し画像

【キービジュアルがついに決定!】 DESIG-WIN MAGAZINE Chapter.01

こんにちは!前田デザイン室カードゲーム ナビ担当 まーちんじゅんじゅんです。

前田デザイン室では現在、デザインを遊びながら学べるカードゲームを作成中です。

プロジェクトが始まって5ヶ月目。以下のように感じていたりしませんか?

画像8

先月どんなことがあったのか、カードゲームPJ内であったことをまとめてお伝えする「DESIG-WIN MAGAZINE」を今月からスタート!

まずはカードゲームPJが発足したきっかけをお話しさせてください。


始まりは「勝てるデザイン」

カードゲームPJの始まりは「勝てるデザイン」でした。

勝てるデザインとは、3/17に幻冬舎から発売される前田デザイン室室長・前田高志さんの著書。

デザイン初級者・中級者が一番成長するのはデザインの鉄板をたくさん知ること。そして、自分の引き出しにいくつ持てるか。その覚え方のヒントがこのツイートでした。

(必殺技と題して、デザインの鉄板を言語化して引き出しにしまう)

必殺技名をつけて、説明もちゃんと入れて、みんなで遊びながら学べるカードゲームにしたい。
せっかくならカードもルールもこだわって作りたい。学べる要素をより深めたい。

そんな思いから、カードゲームPJはスタートしました。


1月までのカードゲームPJのあらすじ

画像8

(とあるMTGの様子)

ボードゲーム制作のプロ、NEXERAの飛田恭兵さん、山本龍之介さんという頼もしい2人の協力も得て、11月からスタートしたカードゲームPJ。

11月〜1月までは、

・必殺技デザインを集める
・ゲームをいくつか考えてプレイしてみる
・タイトルを考える
・カードのパッケージやデザインを考える

といった「集める」「考える」といった部分が大きな割合を占めていました。

2月はタイトルをもとにデザインのキービジュアルを確定させる。今まで複数遊んでいたゲームルールを3つに絞る。といった「決める」部分が鍵を握っていたんです。


【キービジュアルが決定!】これからの時代はDESIGNじゃない。「DESIG-WIN」だ!

カードゲームのキービジュアルが完成しました!その名も「DESIG-WIN」(デザウィン)。

決定までに挙がったタイトル案はおよそ200個、パッケージ案は70個近く…。

ここまでほんっとうに長かったです。でも、かけた時間に見合う、いやそれ以上の素敵なキービジュアルが完成しました!

キービジュアル完成までの過程を作成者ゆったんがnoteにまとめています。出来上がるまでのストーリーが気になる方はこちらもどうぞ。

前田デザイン室のみんなからも好評です。

ついに決まったキービジュアル。完成の大きなターニングポイントとなったのが2/7(日)の全体MTGです。


PJの分岐点となった全体MTGが開催されました

今月の全体MTGは、今後のプロジェクトの方向性を大きく変えた回となりました。

スケジュールでは、2月の第1週にキービジュアルも完成予定だったんです。

画像1

ですが、前田さんはしっくり来ない様子。

画像9

これにはリーダーも気持ちが焦ったようで、以下のような発言が続きます。

画像3

スケジュール感と、こぼれんばかりのホスピタリティの狭間で、「顔となるデザインを決めたい」とMTG中ひたすら悩みます。

MTG終盤に、前田さんがポツリと言います。

画像4


「いいプロダクトを作ろう、それが一番」と繰り返し口にした前田さん。
やるときは本気でやる前田さん。
ふざけるときは本気でふざける前田さん。

画像5

(こちらは本気でふざける前田さん)

この全体MTGをきっかけにスケジュールもあるけれど、「クオリティに妥協しないプロジェクト」へと舵を切ったように感じます。


3つのゲームに絞ってテストプレイを5回開催!

画像9

カードゲームの「ゲーム」要素をブラッシュアップするテストプレイ。2月は今までやってきたゲームを3つに絞り、5回のテストプレイが開催されました。

2月テストプレイ1回目:リアルで遊んで学べる楽しみを実感した回

前田さん、飛田さんも参加した回。約1ヶ月ぶりのテストプレイだったので、ルールを確認しつつ、初プレイメンバーからの感想も多く集まりました。

ここから怒涛の3日連続テストプレイがスタートします。

2月テストプレイ2回目:オンライン対戦の可能性を探った回

リアル参加が3名とちょっぴり少なめ。

その分、オンラインでも楽しめるゲームを考えながらブラッシュアップしました。画面越しに遊んでみたり、チャット欄を使ってみたり、オンライン対戦の可能性を探った回でした。

2月テストプレイ3回目:怒涛の3連続テストプレイ最終日

予定していたゲームの最後の1つをブラッシュアップ。3日間で一番大きな声が画面の向こうから聞こえてきます。

3日連続でテストプレイした結果、それぞれのゲームの難易度チェックもできました。

2月テストプレイ4回目:代官山と大阪、初の2拠点開催!

(オンラインで見た参加者の様子)

画像6

(カードゲーム後に卓球を楽しむ大阪メンバー)

初の大阪拠点開催!10名を超えるテストプレイヤーが画面越しに集まります。

3つのゲームをすべて遊び、細かな検討を開始します。遊びやすいカードデザインの改善案も出ました。

2月テストプレイ5回目:トライ&エラーを繰り返した回

2月最後のテストプレイ。

手札の枚数や勝利条件など、細かなルールを試し、1戦ごとにどんどん熱があがっていく様子が画面越しに伝わる回でした。初めは同じルールで遊んでいたのに、いつの間にか大阪と東京で細かな点が変わっていきます。

ゲームルールをその場で考えて試す楽しみは、リアル参加ならではです。


まとめ

先月の一番大きな情報はなんといってもキービジュアルの完成!
日に日に変化するビジュアルを見ていて、見ているこちらがワクワクしました。

今後もカードゲームPJのイベントや進捗をお伝えしていきます。今月どんなイベントが行われるか、気になる人は気軽に声をかけてくれたら嬉しいです。(カードゲームを作る過程を一緒に味わいたい方ぜひ!)

ではまた次回お会いしましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました。

書き手:じゅんじゅん
バナー作成:ひさこ
文中の画像作成:まーちん
編集:まーちん、浜田綾

「チームに、経営視点を。」NEXERA の提供する、学び×ボードゲーム


「仕事じゃできないクリエイティブを」前田デザイン室


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
じゃみぃじゃんけん、じゃんけんホイ!👊
元・任天堂デザイナー前田高志が率いるクリエイティブ集団、前田デザイン室の公式noteです。 「おもろ!たのし!いいな!」をモットーに、世の中に新しいクリエイティブを大量投下し続けます。 https://camp-fire.jp/projects/view/66627